イメージ画像

青森県建築士会からのお知らせ一覧

About aomoriken architects & building engineers association

2018/2/19

既存住宅状況調査技術者_養成講習開催のご案内

本年4月1日より、改正宅地建物取引業法が施行され、既存住宅(中古住宅)の売買に際して、該当建物の状況調査実施の有無(※状況調査をするか?しないか?)を確認し、調査の依頼があった場合は、既存住宅状況調査技術者による該当建物の状況調査を実施し、その内容を説明することが義務づけられることとなりますが、同技術者をより多く養成するために、今年も技術者養成講習を開催いたします。


新たに建築士となった方や、未だ受講されていない方、また国土交通省の長期優良住宅化リフォーム推進事業のインスペクターとして講習登録団体に登録されている建築士で、同講習(講習制度)への移行が済んでいない方は、この機会に是非受講下さいますようご案内申し上げます。

講習開催案内チラシはこちら

既存住宅状況調査技術者(講習制度)_講習開催の案内.pdf


講習の受講申込はこちら(日本建築士会連合会URL)

http://www.kenchikushikai.or.jp


2017/11/9

住宅の省エネルギー技術講習のご案内/青森県木造住宅生産体制強化推進協議会

件名の講習につきましては、会員の皆様方には既にダイレクトメールを送付させていただいておりますが、2020年からの省エネ法の完全義務化へ向けた取り組みとして、平成24年度から建築関係技術者を対象に、講義内容を施工技術と設計技術に分け、国庫補助により、全国で開催実施されている講習となっております。

詳細、お申し込みについては、本文及び添付のファイルをダウンロードしてご確認ください。

全国では、昨年度までの累計で既に10万人以上の方々に受講いただいている講習ですが、未だ受講されていない方々につきましては、受講を強くお勧めいたします。

同講習の大きな特徴としては、仕様ルートでは地域区分ごとに定められた基準に合致しているか否かを照合して評価する方法となっており、簡易計算ルートでは詳細計算法で行わなければならない、外皮面積の計算の必要がありません。

4号建築物への義務化がスタートした際に、私は知らないでは済みません。

未受講の方々には、重ねて受講をご案内申し上げます。

住宅省エネ講習(後期/HP用).pdf

2017/5/25

既存住宅状況調査技術者養成講習開催のご案内

皆様方へのご案内が遅くなりましたが、日本建築士会連合会が平成29年3月27日付けで、国土交通省に「既存住宅状況調査技術者講習」第2号の登録を受けました。

青森県内でも、平成29年6月14日(水)に移行講習を、翌週の6月19日(月)には新規講習を開催いたします。

受講の申し込みは、受講者情報等を管理する関係等から、日本建築士会連合会が一括して行い、WEBまたは郵送となっております。

※各都道府県建築士会事務局での受付は出来ません。

受講を希望される方は、以下のURLを参照し申し込みをお願いいたします。

<日本建築士会連合会 既存住宅状況調査技術者養成講習申込URL>

http://www.kenchikushikai.or.jp/koshukai/kizonjyutakujyokyochosa.html

2017/11/15

人材確保及び各種制度に関する実務研修会について(ご案内)

青森建設協同組合および青森市建設協会の主催による研修会の案内がありました。

受講を希望されるかたは、添付のPDFデータを参照いただき、FAXにより直接お申し込み下さい。

建設労働者の高齢化と新規入職者の減少により担い手不足による企業経営への影響が深刻化しております。人手不足は従業員個々の負担が増すだけでなく、離職・採用難

で業務の維持に困難を及ぼすことも危惧されます。

そこでこの度、人材確保及び各種制度に関する実務について以下PDFのとおり研修会を実施することにいたしました。

業務ご多忙中とは存じますが貴社員及び業務担当者のご参加のほどよろしくお願いいたします。

参加の有無については、申込書(以下PDF)によりFAX にて11月21日迄にご回報願います。


消費税講習会(他).pdf

2016/8/18

現在システムメンテナンス中です

青森県建築士会のwebサイトは現在システムメンテナンス中です。
青森県建築士会のwebサイトは現在システムメンテナンス中です。

△このページの先頭に戻る