W= H=

必要書類

必要書類

受付随時(業務時間内)
業務時間土曜日、日曜日、祝日及び12月28日~1月3日、8月13日~16日を除く。
平日の 午前9:00~12:00 午後13:00~17:00
時間外受付はいたしておりませんのでご注意ください。
※12:00~13:00の時間は、お昼休憩時間を頂戴しております。ご了承下さい。
受付窓口青森市安方二丁目9-13
提出○申請者本人が窓口へ持参してください。
○郵送、メールでの申請は受け付けません。
注意事項○印鑑、本人であることが確認できる運転免許証等は必ずご持参ください。
○書類不備や添付書類不足の場合は受理できませんのでご注意ください。

※新規登録申請については、時間を要すため予約制です。
必ずご予約(017-773-2878)願います。

1. 建築士免許申請について (試験に合格し、建築士免許登録する場合の手続です)

交付された免許を「汚損」または「亡失」した場合のみ再交付を受けることが出来ます。

  1. 申請窓口:一般社団法人青森県建築士会
  2. 申請手数料:金融機関振込により金額は次のとおりです。
    ・二級建築士=24,400円
    ・木造建築士=24,400円
  3. 申請手数料振込先:
    (株)ゆうちょ銀行 記号:18480
    番号:11456011 
    名前:一般社団法人 青森県建築士会
    読み:シャ)アオモリケンケンチクシカイ
    また、この口座を他金融機関((株)ゆうちょ銀行以外)からの振込をされる場合は、
    店名:八四八(読み:ハチヨンハチ)
    店番:848 預金種目:普通預金
    口座番号:1145601
    名前:一般社団法人 青森県建築士会 
    読み:シャ)アオモリケンケンチクシカイ
    となります。
  4. 提出書類の書式:以下からダウンロードできます。
    二級・木造 建築士免許申請書 PDF1PDF2 …PDF1・2両方をダウンロードしてご利用下さい。A4サイズでの片面印刷になります。
    ※記入例はこちらをご参照ください。(PDF1)(PDF2)
    必要書類一覧C、Dに該当される方は以下、実務経歴書、実務経歴証明書の提出が必要となります。
    実務経歴書 PDF …PDFをダウンロードしてご利用下さい。A4サイズでの片面印刷になります。
    ※記入例はこちらをご参照ください。(PDF
    注)「実務経歴書」に記入する対象物件の建築実務経験期間が重複する物件がある場合は代表物件を記入し、建築実務経験期間が重複しないような記入とすること。
    実務経歴証明書 PDF …PDFをダウンロードしてご利用下さい。A4サイズでの片面印刷になります。
    実務経歴に記入する実務コードはこちらをご確認ください。
    建築士資格に係る実務経験の対象実務の例示コード表
    ・平成20年11月27日までの実務(PDF
    ・平成20年11月28日から令和2年2月29日までの実務(PDF
    ・令和2年3月1日以降の実務(PDF
    ※記入例はこちらをご参照ください。(PDF
  5. 提出書類の内訳:
    1)二級・木造建築士免許申請書(及び該当者は実務経歴書、実務経歴証明書、学歴を証明する書類(入学年が平成21年度以降の方と20年度以前の方では必要な証明書が異なります)、建築設備士試験合格(又は建築設備士講習受講)証明書のコピー…詳細は必要書類一覧を確認)
    2)建築士住所等の届出
    3)証明写真 *1
    4)合格通知書の写し
    5)本籍の記載のある住民票の写し(原本)(6ヶ月以内)※マイナンバー及び住民票コードが記載されていないもの

※1 証明写真について

証明写真は、以下の注意点を確認して下さい。
規格から著しくかけ離れている、あるいは不適当な写真の場合は撮りなおしをお願いすることがあります。

(1)規格
  • 写真の大きさは、縦45ミリメートル×横35ミリメートル(ふちなし。パスポートサイズ)
  • 申請者本人のみを撮影したもの
  • 6カ月以内に撮影したもの
  • 無帽で正面を向いたもの
  • 背景や影がないもの
  • カラーでも白黒でも可
  • 鮮明であること(焦点が合っていること)
  • 明るさやコントラストが適切であること
  • 申請者自身がプリントするデジタル写真の場合は、写真専用紙等を使用し、画質が適切であること
  • 2枚同じ写真であること
(2)不適当な写真の例
  • 被写体が小さすぎる (顔幅が1cm未満、顎から頭頂部までの長さが2cm未満)
  • 背景と人物の境目がわかりにくい(頭髪や衣服の襟等の色と背景が同系色で輪郭が見分けにくい等)
  • 眼鏡に光が反射している
  • 口を開き歯が必要以上に見えている
  • サングラス、マスクを使用している
  • 前髪などが目を隠しており顔が確認しにくい
  • ヘアバンド・帽子などで頭髪を覆っている
  • 写真が変色している、傷や汚れがある
  • デジタル写真の場合、ジャギー(階段状のギザギザ模様)がある
  • デジタル写真の場合、写真専用紙以外の用紙に印刷している

以上は不適格な写真の例です。
証明写真の適・不適の具体例は、外務省のパスポート申請用写真の規格(PDF)をご参照ください。

2. 参考資料

  1. 一般社団法人青森県建築士会二級建築士及び木造建築士登録等事務取扱要領(PDF
  2. 免許証サンプル(PDF